前へ
次へ

敏感肌でも使えるワセリンの美容効果

どこの薬局でも置いてあるワセリンですが、乾燥肌で悩んでいる方にとって強い味方になってくれます。ワセリンを塗るとまるでラップをはったかのように、皮膚から水分が蒸発するのを防いでくれます。軟膏の基材としても使われており、安全性は高いので、敏感肌の方でも安心して使えるでしょう。まれにあわない方もおられるのでその時は使用を中止してください。ワセリンはベタベタするので苦手という方もおられますが、使い方のコツとして、ごく少量をうすくぬることをおすすめします。顔全体に塗る場合だと、米粒ひと粒ほどでよいでしょう。指先にとって手の平でのばしてから顔につけるとよいでしょう。顔以外にも、リップクリームのかわりに唇にぬったり、特に乾燥のはげしいかかとやひじにボディクリームのかわりにぬったりと、様々な美容アイテムとして全身に使えます。

お肌の乾燥にはワセリンを

冬のお肌の乾燥対策に効果的なのが「ワセリン」です。「白色ワセリン」や「ヴァセリン」といった名前でドラッグストアや通信販売などでも購入することができます。病院では「プロぺト」として処方されています。軟膏の基剤としても使用されていますので、副作用がほとんど起こらないのも魅力的です。お高い化粧品を使用せずとも、これ一つあれば髪の毛から足の先まで様々な部位の乾燥対策に使用する事ができます。イメージとしてはお肌にふたをするという感じなので、化粧水などで保湿を行った後に上から塗ると良いでしょう。化粧水などでかえって肌が荒れてしまう方は、洗顔後肌が潤っている状態で塗っても良いでしょう。もちろん顔だけでなく全身に使用できますので、ぜひ冬のお肌の乾燥対策に役立ててください。安価で簡単な美容法です。

Page Top