前へ
次へ

ワセリンでシンプルケア

最近取り入れているスキンケア用品にワセリンがあります。白色ワセリンといって不純物を取り除いたのもでまだ皮膚の薄い赤ちゃんから大人まで幅広く使うことができます。私の場合、市販のリップクリームを使うとかぶれてしまうことがあるためリップクリーム代わりに使ったり、お風呂上がりのボディケアにも使っています。キッチンにもチューブ入りのものを置いて水仕事の後にすぐにつけられるようにしています。たくさんつけるとべたつきますが、少量をしっかりすりこむと水を弾いてくれるので手荒れ対策の面でも良いです。夜はスキンケアの最後に使うと寝ている間の乾燥対策にもなり、美容の面でもワセリンは非常にかかせない存在になっています。1つで色々な使い方ができるので各家庭に1個あると便利かもしれません。

万能な美容アイテムはこれだ。

最近何かと話題の『ワセリン』ですが、乾燥肌などのお手入れ以外にも利用できる'優秀な美容アイテム'として見直されているようです。まず、一般的にワセリンと聞くと乾燥肌の方が使用しているイメージがあると思います。実際、病院などでもアトピー性皮膚炎や乾燥肌の方にも保湿剤として処方されており、その効果は確かのようです。しかし、最近話題になっているワセリンの効果は、上記のような事柄だけではなく、全身に使用できるオールマイティな'万能アイテム'として着目されております。調べれば調べる程、本当にさまざまな使用法があり、中でも特に注目度の高い使用方が、まつげの育毛やヘアケア更には、塩を少し混ぜてボディスクラブとして使用されているようです。こちらの例はほんの一部の使用法です。

Page Top